女の人

うつ病の治療法と抗うつ薬

ウーマン

うつ病の治療方法や抗うつ薬の種類

うつ病を発症するメカニズムは、はっきりとは解明されていませんが、脳内の物質が関係しており。気分や感情を情報として伝える神経伝達物質が何らかの原因で減少し、発症すると考えられています。うつ病だと診断された後の治療は、精神療法が行われる場合もありますが、基本的には十分な休養が必要です。また、投薬による治療も重要でしょう。うつ病の治療は休養が大切なので、うつ病だと診断された後は休職や入院が必要になることもあります。ストレスの多い職場や家事負担の大きい家庭などの場合、現在置かれている環境そのものが原因となっている場合もあり、その原因から一定期間遠ざかって体と心を休めることを目的とするためです。休養と並行して行われるのが投薬による治療です。現在、主に使用されている抗うつ薬は、SSRI、SNRI、NaSSA、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬の5種類です。SSRIはセロトニンの量を調節する器官に作用し、セロトニンの量を調整する働きがあります。不安をおさえる作用が強く、抑うつ状態の他、不安が強い症状の人にも処方される薬です。SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方の調整を行う薬です。NaSSAは、SSRIともSNRIとも異なる作用の抗うつ薬で、同等の効果があります。抗うつ薬は飲み始めに副作用があらわれることが多く、SSRI、SNRI、NaSSAは副作用を減らすために進化した新しい薬です。しかし、その反面効果が出るまでに時間がかかるというデメリットもあります。三環系・四環系抗うつ薬は、効力が良く、力を発揮するまでの時間が短いというメリットがありますが、口の渇きや便秘、吐き気などの症状に悩まされることが多いと言われています。うつ病の治療には薬の服用が必要ですが、副作用が心配だったり、効果が出ずに焦ったりする人も多いようです。副作用については多くの場合、飲み始めにあらわれる一過性のものであることが多く、徐々に身体が慣れて気にならなくなってきます。また、医師に相談することで対処できることもあります。うつ病は主に患者への問診により医師が診断を下すことになるので、薬の服用で気になる症状がある場合は、必ず医師に相談しましょう。医師の診断を疑い、勝手に薬の服用をやめて治療を中断してしまうと病状はますます悪化してしまいます。休養を取りながら焦らずじっくりと薬の服用を続けることが大切です。