女の人

正しく服用することが大切

医者

診断結果を信じよう

心療内科や精神科でうつ病と診断された患者さんには、その症状に合わせた薬が処方されます。うつ病に対して処方される薬は抗うつ薬で、服用することによって気持ちの落ち込みが改善したり、不安な気持ちが和らいだりする効果が期待できます。うつ病としっかり向き合い、症状を改善していくためには医師から指示された服用の方法をしっかりと守り、自分の判断で途中でやめたり量を増やしたりしないことを徹底することを心がけましょう。抗うつ薬は適切に服用するとうつ病の症状を抑えて楽に日常生活に戻ることが可能となります。医師は患者さんを診断して処方した薬が症状改善に効果があるかどうかを見極め、場合によっては別の薬を選択して服用を支持する場合があります。このような薬の見極めについてはうつ病の治療に関して一般的に行われることですので、指示のとおりに服用を続けていくことが大切です。定期的に通院を行い、その都度精神科医の診断を受けてうつ病の症状をチェックしてもらいましょう。最も気をつけたいことは、調子が上向いてきた時に服用を取りやめてはいけないということです。抗うつ薬は服用をストップすることで離脱症状があらわれるケースがありますので、症状がもとに戻ってしまったり逆に悪化してしまう可能性が考えられます。気持ちが落ち着き不安感がなくなった場合も、それが抗うつ薬による効果とおさえ、服用を続けましょう。薬を減らすタイミングについては、うつ病の症状が改善し医師の診断によって大丈夫だと確認された場合に限ります。減らしていく方法もいきなり服用をやめると離脱症状が心配されますので、時間をかけて服用する量を調節していくこととなります。ゆっくりと時間をかけて減らしていくことによって、症状が現れる可能性を下げることが可能となります。抗うつ薬の服用期間は眠気が生じたり、食欲が増進したりと、日常生活において注意を払う点が幾つかありますので、心配なことがあればすぐにかかりつけの医師に相談することがおすすめです。医師の指示どおりであれば安全なものですので、しっかりとうつ病に向き合い薬を正しく服用しましょう。