うつ病の診断を受けよう

カウンセリング

医師の元へ急ごう

日本の社会構造が複雑化するにしたがって、日常的な生活の中においても大きなストレスを感じやすい状況となってきました。学校生活や家庭生活、職場でのトラブルなどは日常的に見られ、その中で感じられる強いストレスが原因となりうつ病を発症する人はかなりの割合にのぼります。また多くの人は自分がうつ病であるという自覚を持たずに、何とか毎日の生活を乗り越えているというケースが多いものです。病院に行くまでもないと考え、自分で何とかしようとしている人もいます。しかしうつ病はきちんとした診断を受けて適切な治療を受けることが重要です。自分の心の状態が不安定だと感じた場合には、心療内科の受診を検討することがおすすめです。そこで、どのような症状がうつ病と診断される基準なのかを把握しておくことも大切です。正式な診断は医師が行いますが、自分の心の状況がどのレベルにあるのかを知っておくことも目安となります。一般的な診断基準となるのが、睡眠に関すること、気持ちに関すること、食欲に関することです。睡眠に関しては1時間以上寝付けない日が週の半分以上あることや、深く眠れない(早く目覚めてしまう)ことが週の半分以上あるとうつ病の初期症状である可能性が高いといえます。気持ちの面では、悲しい気持ちや暗い気持ち、悲観的なものの考え方をしてしまうという状態が、ストレス解消となる食事や趣味を行っても続いている場合には注意が必要だといえます。食欲は極端に強い食欲が出て過食気味になってしまったり、逆に全く食欲がわかずに体重が減っていったりした場合にはうつ病の可能性があると考えて良いでしょう。社会におけるうつ病の認知度はかなり高まってきています。誰でもかかる可能性のある「心の風邪」であるという理解も進んできており、隠したり恥ずかしがったりするものではないと言えるでしょう。自分の状況をチェックし、鬱病の症状に当てはまるようなことがあれば早めに医師の診断を受けることが大切です。適切なカウンセリングや投薬によって確実に回復できる病気ですので安心して治療に向き合うことも大切です。

正しく服用することが大切

医者

医師から診断を受け処方されたうつ病の薬は、指示通りに用法用量を守って服用することで症状の改善が期待できるものです。調子が良いからと自分の判断で服用をやめたり、逆に服用する量を増やしたりしないように気をつけましょう。

うつ病の原因と症状

病院

うつ病は、どんな人でも発症する可能性がある病気ですが、詳しい知識を持っている方は少ないです。そのため、うつ病だと診断されにくいことも。しかし、この状況をそのままにしておくことは良くないので、発症原因や改善方法はきちんと知っておきましょう。

うつ病の兆候を感じた場合

ドクター

うつ病は気持ちの落ち込みが長期間続き、それが回復しない状況です。病院で医師から診断をしてもらうことが重要ですが、一時的な気分の変調なのか、うつ病なのかをある程度見分けるポイントがあります。

うつ病に悩む人は多い

ハート

うつ病になった時は、自分に合う病院を探すことがポイントです。そして診断してみて医者との相性が合うかどうか気楽に通えるかどうかが大切です。医者との信頼関係を築ければうつ病の治療の第一歩となります。

うつ病の治療法と抗うつ薬

ウーマン

うつ病だと診断された場合は、しっかり休養することと投薬による治療で進められます。主に使用されている抗うつ薬は5種類で、それぞれいろいろな特性があるため、医師の指示に従って正しく服用することが大切です。